WHR-HP-Gの不具合の解説

WHR-HP-G

WHR-HP-Gの不具合

ここで紹介している記事は無線LANルータWHR-HP-Gの不具合の対処方法の記事です。

不具合原因はパソコンに由来するものから無線通信・ネットワークに由来するものまでたいへん幅が広く、件数も多いのが実情です。ここの記事で不具合の解決を願っていますが、解決できないことも考えられます。少なくとも解決のヒントになればと考えています。

親機のランプを確認することで不具合箇所の特定も可能です。ランプの状態確認は大変重要です。

ランプの状態

WHR-HP-Gで不具合が発生した時、先ずランプの状態を確認するとよいでしょう。いろんなことが見えてきます。不具合の原因の糸口がつかめます。

ランプの状態表示についてですが、箱の中に同梱されている「はじめにお読みください」をお読みください。その中の「各部の名称とはたらき」にも記載されています。そこにはボタンの種類、機能も表示されています。

ランプの状態表示

ランプ名 ランプの状態 内 容
POWERランプ 緑点灯
消灯
電源ON状態
電源OFF状態
セキュリティランプ 橙点灯
橙2回点滅
点滅
消灯
AOSS成功
AOSS/WPS待機中
AOSS/WPS失敗
AOSS未設定
ワイヤレスランプ 緑点灯
緑点滅
無線LAN動作中
無線LAN通信中
ROUTERランプ 緑点灯
消灯
ルーターモードで設定中
アクセスポイントモードで設定中
DIAGランプ 3回赤点滅
4回赤点滅
5回赤点滅
連続赤点滅
有線LAN異常
無線LAN異常
IPアドレス設定異常
ファームウェア更新中/設定保存中/設定初期化中
LANポートランプ 緑点灯
緑点滅
LAN端子リンク中
LAN端子通信中
INTERNETランプ 緑点灯
緑点滅
INTERNETリンク中
INTERNET通信中

INDEXへ

無線接続が不安定 (繋がらない、途切れるなど)

無線接続中つながらない場合は以下のことを試してください。
状態・現象 対処方法
無線につながらない 以下の方法を試してください。

■時たま親機の動作が不安定になることがあります。
親機と子機の電源をOFFにして数分後親機と子機の順番で電源をONにしてください。
特にPOWER、DIAGランプの状態を確認してください。(上記ランプの状態を参照)

■親機と子機間の距離が遠かったり間に障害物・遮蔽物があると通信が不安定になることが考えられます。
位置とか向きを変えてください。見通しのよい位置に移動してください。

■ファイアウォール、インターネットセキュリティなどが有効になっていることが考えられます。
ファイアウォール、インターネットセキュリティなどが有効になっていると接続できないことが考えられます。無効にして設定をしてください。処理終了後は有効に戻してください。こちらです。

■無線の設定が間違っていることが考えられます。
無線接続を間違えると無線の利用ができません。「らくらく!セットアップシート 」で確認してください。

■チャネルの変更
無線LANの規格(IEEE802.11g)は、無線LANで使用する電波の周波数帯をいくつかの細かい周波数に区分して定めています。これを無線チャンネルと呼び、AirStationシリーズの無線親機は1ch~13chまでが設定可能です。 無線チャンネルを変更することで通信状態が改善することがあります。
【操作手順】
(1) WEBブラウザーを起動します。
(2) [アドレス] 欄または[場所]欄に無線親機のIPアドレス(http://192.168.11.1 無線親機の機種によりIPアドレスは変ります)を入力し、Enterキーを押します。
(3) ユーザー名とパスワードの入力画面が表示されたら、以下の情報を入力し、[OK]をクリックします。
ユーザー名:root  パスワード:空欄のまま(設定していない場合)

(4) [無線設定]ボタンをクリックします。
(5) [基本(11g)]を選択し、以下の情報を設定します。
(無線機能:使用する  エアーステーション・・・:チェック  無線チャネル:自動  ANY接続:許可する)

(6) [設定]ボタンをクリックします。
以上です。
■無線子機の競合が考えられます。
無線LAN内臓パソコンの場合、無線子機(アダプター)が複数あり、競合していると動作が不安定になります。使用しない子機(アダプター)を無効にしてください。

【操作手順】
【Win 7】
(1) [スタート]-[コンピュータ]右クリック-[管理]を選択します。
(2) [デバイスマネージャ]-[ネットワークアダプタ]の「+」をクリックします。使用不可にするネットワークアダプタ名の接続アイコンを「右クリック」し、[無効]をクリックします。
(3) [このデバイスを無効にすると・・・]と表示されたら、[はい]をクリックします。
(4) 上記(3)で無効にした接続アイコンに、下向き↓のアイコンが表示されていれば、設定完了です。

 

【Win Vista】
(1) [スタート]-[コンピュータ]右クリック-[管理]を選択します。
(2) [デバイスマネージャ]-[ネットワークアダプタ]の「+」をクリックします。使用不可にするネットワークアダプタ名の接続アイコンを「右クリック」し、[無効]をクリックします。
(3) [このデバイスを無効にすると・・・]と表示されたら、[はい]をクリックします。
(4) 上記(2)で無効にした接続アイコンに、下向き↓のアイコンが表示されていれば、設定完了です。

 

【Win XP】
(1) [スタート]-[コントロールパネル]-([ネットワークとインターネット接続])-[ネットワーク接続]を選択します。
(2) 使用不可にするネットワークアダプタ名の接続アイコンを「右クリック」し、[無効にする]をクリックします。
(3) 上記(2)で無効にした接続アイコンが「無効」と表示されていれば、設定完了です。

 

■親機にANY接続拒否が設定されていることが考えられます。
子機から検索しても検索されません。親機のANY接続拒否を解除してください。

【操作手順】
(1) WEBブラウザーを起動します。
(2) [アドレス] 欄または[場所]欄に無線親機のIPアドレス(http://192.168.11.1 無線親機の機種によりIPアドレスは変ります)を入力し、Enterキーを押します。
(3) ユーザー名とパスワードの入力画面が表示されたら、以下の情報を入力し、[OK]をクリックします。
ユーザー名:root  パスワード:空欄のまま(設定していない場合)

(4) [無線設定]ボタンをクリックします。
(5) 画面上部の[基本(11g)]もしくは[基本(11a)]をクリックします。
(6) [ ANY接続 ]の[ 許可する ]にチェックを入れ、「設定」をクリックします。
(7) 「設定が完了しました」と表示されたら設定完了です。
■クライアントマネージャのバージョンが古いか、正常に動作していないことが考えられます。
BUFFALO社の説明ではクライアントマネージャの更新後は子機のドライバーの更新も必要との話です。併せて更新してください。
クライアントマネージャを最新版にする。(クライアントマネージャは基本ソフト単位に用意されています)
クライアントマネージャV(Windows 7 / Vista用)
クライアントマネージャ3(Windows XP / 2000用)
クライアントマネージャ(Windows Me/98/95/2000/XP/NT4.0用)

■WHR-HP-Gの子機ドライバーの最新版はこちら。
ドライバーを最新版にする。(BUFFALO製の子機の場合)
WHR-HP-Gのドライバーダウンロードとインストールはこちら。

INDEXへ

インターネットにつながらない時の確認方法

インターネットにつながらない場合は以下の方法を試してください。
状態・現象 対処方法
インターネットにつながらない 以下の方法を試してください。

■モデム、親機、子機などのネットワーク機器の電源と接続状況の確認をしてください。
らくらく!セットアップシート 」を参照してください。

■無線の設定が間違っていることが考えられます。
無線接続を間違えると無線の利用ができません。「らくらく!セットアップシート 」で確認してください。

■親機の設定の確認をしてください。
(ROUTERモードの場合)
(1) [スタート]-[ファイル名を指定して実行]をクリックします。
(2) 名前欄に http://192.168.11.1 と入力し[OK]をクリックします。
(3) InternetExplorerなどのWEBブラウザー画面が立ち上がり、ユーザー名・パスワードの入力画面が表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力します。
ユーザー名:root パスワード:空欄のまま(設定していない場合)
(4) 親機の設定画面が表示されます。(画面がないので分かりづらいかも知れません)
(5) [接続設定]欄の「インターネット接続の再設定を行う」をクリックします。
(6) 表示される画面にしたがって設定を進めてください。
■プロバイダーからレンタルされているモデム、終端装置にルーター機能が搭載されているかの確認をしてください。
ルーター機能が搭載されている時
設定が完了しているか確認をしてください。分からない時はプロバイダーに確認をしてください。

■以上でも問題が解決しない場合は添付のCD-ROM内のエアナビゲーターで原因を探してください。

INDEXへ

無線LAN内臓子機をAOSSで設定したが接続ができない

AOSSで接続したが無線接続ができない時。

状態・現象 対処方法
無線LAN内臓子機をAOSSで設定したが接続できない 以下の方法を試してください。

■ノートパソコンの内蔵無線LANスイッチが「OFF」になっていないか確認をしてください。
パソコンのスイッチを「ON」にしてください。(メーカーにより操作が異なります。取扱説明書を参照してください。)

■ファイヤーウオール、インターネットセキュリティなどが有効になっていることが考えられます。
ファイヤーウオール、インターネットセキュリティなどが有効になっていると接続できないことが考えられます。無効にして設定をしてください。処理終了後は有効に戻してください。こちらです。

■親機と子機間の電波状態が不安定になっていることが考えられます。
子機と親機の距離が離れていたり、間に障害物、遮蔽物があるときは、子機と親機を近づけてから、AOSS接続を行ってください。

■クライアントマネージャ(無線接続ツール)と他の無線接続ツールの競合が考えられます。
無線接続ツールが競合すると不安定になります。クライアントマネージャ以外の無線接続ツールを無効にしてください。

■ネットワークブリッジが作成されていることが考えられます。
削除してください。削除方法は以下の通りです。
【Win 7/Vista】
(1) アドミニストレータ権限のあるログイン名(Administrator等)でログインします。
(2) [スタート]-[コントロールパネル]をクリックします。
(3) [ネットワークの状態とタスクの表示]-[アダプター設定の変更](Vistaの場合は[ネットワーク接続の管理])を選択します。
(4) [ネットワークブリッジ]アイコンを右クリックし、[削除]を選択します。
(5) 「接続の削除の確認」画面にて、[はい]をクリックします。
(6)  削除が完了し[ネットワークブリッジ]アイコンが消えれば完了です。

 

【Win XP】
(1) アドミニストレータ権限のあるログイン名(Administrator等)でログインします。
(2) [スタート]-[コントロールパネル]をクリックします。
(3) [ネットワーク接続]をダブルクリックします。
(4) [ネットワークブリッジ]アイコンを右クリックし、[削除]を選択します。
(5) 削除が完了し[ネットワークブリッジ]アイコンが消えれば完了です。
■複数のネットワークアダプターが干渉していることが考えられます。
ネットワークアダプタが複数有効になっていると、不安定になります。ネットワークアダプターを無効にしてください。 「無効」にする方法
【Win 7/Vista】
(1) [スタート]-[コンピュータ]右クリック-[管理]を選択します。
(2) [デバイスマネージャ]-[ネットワークアダプタ]の「+」をクリックします。使用不可にするネットワークアダプタ名の接続アイコンを「右クリック」し、[無効]をクリックします。
(3) [このデバイスを無効にすると・・・]と表示されたら、[はい]をクリックします。
(4) 上記(2)で無効にした接続アイコンに、下向き↓のアイコンが表示されていれば、設定完了です。

 

【Win XP】
(1) [スタート]-[コントロールパネル]-([ネットワークとインターネット接続])-[ネットワーク接続]を選択します。
(2) 使用不可にするネットワークアダプタ名の接続アイコンを「右クリック」し、[無効にする]をクリックします。
(3) 上記(2)で無効にした接続アイコンが「無効」と表示されていれば、設定完了です。

 

■周波数の帯域が重なっていたり、近い場合は無線が不安定になることがあります。
無線チャンネルを変更することで通信状態が改善することがあります。
【操作手順】
(1) WEBブラウザーを起動します。
(2) [アドレス] 欄または[場所]欄に無線親機のIPアドレス(http://192.168.11.1 無線親機の機種によりIPアドレスは変ります)を入力し、Enterキーを押します。
(3) ユーザー名とパスワードの入力画面が表示されたら、以下の情報を入力し、[OK]をクリックします。
ユーザー名:root  パスワード:空欄のまま(設定していない場合)

(4) [無線設定]ボタンをクリックします。
(5) [基本(11g)]を選択し、以下の情報を設定します。
(無線機能:使用する  エアーステーション・・・:チェック  無線チャネル:自動  ANY接続:許可する)

(6) [設定]ボタンをクリックします。
■内蔵無線LANのドライバーが古いことが考えられます。
無線LAN内蔵パソコンのドライバーを更新してください。メーカーの取扱説明書を参照してください。

INDEXへ

子機を取付後、AOSSで設定したが無線接続できない

子機を取付後、AOSSで設定したが無線接続できない時。

状態・現象 対処方法
子機を取付後、AOSSで設定したが無線接続できない 以下の方法を試してください。

■時たまネットワーク機器が不安定になることがあります。
ネットワーク機器、パソコンなどの電源を切り、再度電源を入れて様子を見てください。

■通信状態に問題があることが考えられます。
親機と子機に距離がある場合は近づける、見通しのよい場所に移動する、向きをかえるなどを試みてください。

■管理者権限のあるユーザでログインしていないことが考えられます。
管理者権限でログインしてください。(Win XP/2000)

■ファイヤーウオール、インターネットセキュリティなどが有効になっていることが考えられます。
ファイヤーウオール、インターネットセキュリティなどが有効になっていると接続できないことが考えられます。無効にして設定をしてください。処理終了後は有効に戻してください。こちらです。

■ネットワークブリッジが作成されていることが考えられます。
削除してください。削除方法は以下の通りです。
【Win 7/Vista】
(1) アドミニストレータ権限のあるログイン名(Administrator等)でログインします。
(2) [スタート]-[コントロールパネル]をクリックします。
(3) [ネットワークの状態とタスクの表示]-[アダプター設定の変更](Vistaの場合は[ネットワーク接続の管理])を選択します。
(4) [ネットワークブリッジ]アイコンを右クリックし、[削除]を選択します。
(5) 「接続の削除の確認」画面にて、[はい]をクリックします。
(6)  削除が完了し[ネットワークブリッジ]アイコンが消えれば完了です。

 

【Win XP】
(1) アドミニストレータ権限のあるログイン名(Administrator等)でログインします。
(2) [スタート]-[コントロールパネル]をクリックします。
(3) [ネットワーク接続]をダブルクリックします。
(4) [ネットワークブリッジ]アイコンを右クリックし、[削除]を選択します。
(5) 削除が完了し[ネットワークブリッジ]アイコンが消えれば完了です。
■複数のネットワークアダプターが干渉していることが考えられます。
ネットワークアダプタが複数有効になっていると、不安定になります。ネットワークアダプターを無効にしてください。 「無効」にする方法
【Win 7/Vista】
(1) [スタート]-[コンピュータ]右クリック-[管理]を選択します。
(2) [デバイスマネージャ]-[ネットワークアダプタ]の「+」をクリックします。使用不可にするネットワークアダプタ名の接続アイコンを「右クリック」し、[無効]をクリックします。
(3) [このデバイスを無効にすると・・・]と表示されたら、[はい]をクリックします。
(4) 上記(2)で無効にした接続アイコンに、下向き↓のアイコンが表示されていれば、設定完了です。

 

【Win XP】
(1) [スタート]-[コントロールパネル]-([ネットワークとインターネット接続])-[ネットワーク接続]を選択します。
(2) 使用不可にするネットワークアダプタ名の接続アイコンを「右クリック」し、[無効にする]をクリックします。
(3) 上記(2)で無効にした接続アイコンが「無効」と表示されていれば、設定完了です。

 

■ファームウエアが古かったり、正常にインストールされていないことが考えられます。
親機のファームウエアを最新版に入れ替えてください。
WHR-HP-Gのファームウエアダウンロードはこちら。 (Windows版/Mac版)

■ドライバーが古かったり、正常にインストールされていないことが考えられます。
Air Station子機のドライバーを最新版に入れ替えてください。(BUFFALO製の子機の場合)
子機のドライバーダウンロードはこちら。

■チャネルの変更
無線LANの規格(IEEE802.11g)は、無線LANで使用する電波の周波数帯をいくつかの細かい周波数に区分して定めています。これを無線チャンネルと呼び、AirStationシリーズの無線親機は1ch~13chまでが設定可能です。 無線チャンネルを変更することで通信状態が改善することがあります。
【操作手順】
(1) WEBブラウザーを起動します。
(2) [アドレス] 欄または[場所]欄に無線親機のIPアドレス(http://192.168.11.1 無線親機の機種によりIPアドレスは変ります)を入力し、Enterキーを押します。
(3) ユーザー名とパスワードの入力画面が表示されたら、以下の情報を入力し、[OK]をクリックします。
ユーザー名:root  パスワード:空欄のまま(設定していない場合)

(4) [無線設定]ボタンをクリックします。
(5) [基本(11g)]を選択し、以下の情報を設定します。
(無線機能:使用する  エアーステーション・・・:チェック  無線チャネル:自動  ANY接続:許可する)

(6) [設定]ボタンをクリックします。
■上記方法で改善しない時は親機を初期化し最初から設定してください。
クライアントマネージャV(Windows 7 / Vista用)
クライアントマネージャ3(Windows XP / 2000用)
クライアントマネージャ(Windows Me/98/95/2000/XP/NT4.0用)

INDEXへ

クライアントマネージャで設定したが無線接続ができない

クライアントマネージャで設定したが無線接続ができない。
状態・現象 対処方法
クライアントマネージャで設定したが無線接続ができない 以下の方法を試してください。

■時たまネットワーク機器が不安定になることがあります。
ネットワーク機器、パソコンなどの電源を切り、再度電源を入れて様子を見てください。

■通信状態に問題があることが考えられます。
親機と子機に距離がある場合は近づける、見通しのよい場所に移動する、向きをかえるなどを試みてください。

■管理者権限のあるユーザでログインしていないことが考えられます。
管理者権限でログインしてください。(Win XP/2000)

■ファイヤーウオール、インターネットセキュリティなどが有効になっていることが考えられます。
ファイヤーウオール、インターネットセキュリティなどが有効になっていると接続できないことが考えられます。無効にして設定をしてください。処理終了後は有効に戻してください。こちらです。

■ネットワークブリッジが作成されていることが考えられます。
削除してください。削除方法は以下の通りです。
【Win 7/Vista】
(1) アドミニストレータ権限のあるログイン名(Administrator等)でログインします。
(2) [スタート]-[コントロールパネル]をクリックします。
(3) [ネットワークの状態とタスクの表示]-[アダプター設定の変更](Vistaの場合は[ネットワーク接続の管理])を選択します。
(4) [ネットワークブリッジ]アイコンを右クリックし、[削除]を選択します。
(5) 「接続の削除の確認」画面にて、[はい]をクリックします。
(6)  削除が完了し[ネットワークブリッジ]アイコンが消えれば完了です。

 

【Win XP】
(1) アドミニストレータ権限のあるログイン名(Administrator等)でログインします。
(2) [スタート]-[コントロールパネル]をクリックします。
(3) [ネットワーク接続]をダブルクリックします。
(4) [ネットワークブリッジ]アイコンを右クリックし、[削除]を選択します。
(5) 削除が完了し[ネットワークブリッジ]アイコンが消えれば完了です。
■複数のネットワークアダプターが干渉していることが考えられます。
ネットワークアダプタが複数有効になっていると、不安定になります。ネットワークアダプターを無効にしてください。 「無効」にする方法
【Win 7/Vista】
(1) [スタート]-[コンピュータ]右クリック-[管理]を選択します。
(2) [デバイスマネージャ]-[ネットワークアダプタ]の「+」をクリックします。使用不可にするネットワークアダプタ名の接続アイコンを「右クリック」し、[無効]をクリックします。
(3) [このデバイスを無効にすると・・・]と表示されたら、[はい]をクリックします。
(4) 上記(2)で無効にした接続アイコンに、下向き↓のアイコンが表示されていれば、設定完了です。

 

【Win XP】
(1) [スタート]-[コントロールパネル]-([ネットワークとインターネット接続])-[ネットワーク接続]を選択します。
(2) 使用不可にするネットワークアダプタ名の接続アイコンを「右クリック」し、[無効にする]をクリックします。
(3) 上記(2)で無効にした接続アイコンが「無効」と表示されていれば、設定完了です。

 

■ファームウエアが古かったり、正常にインストールされていないことが考えられます。
親機のファームウエアを最新版に入れ替えてください。
WHR-HP-Gのファームウエアダウンロードはこちら。 (Windows版/Mac版)

■ドライバーが古かったり、正常にインストールされていないことが考えられます。
Air Station子機のドライバーを最新版に入れ替えてください。(BUFFALO製の子機の場合)
子機のドライバーダウンロードはこちら。

■チャネルの変更
無線LANの規格(IEEE802.11g)は、無線LANで使用する電波の周波数帯をいくつかの細かい周波数に区分して定めています。これを無線チャンネルと呼び、AirStationシリーズの無線親機は1ch~13chまでが設定可能です。 無線チャンネルを変更することで通信状態が改善することがあります。
【操作手順】
(1) WEBブラウザーを起動します。
(2) [アドレス] 欄または[場所]欄に無線親機のIPアドレス(http://192.168.11.1 無線親機の機種によりIPアドレスは変ります)を入力し、Enterキーを押します。
(3) ユーザー名とパスワードの入力画面が表示されたら、以下の情報を入力し、[OK]をクリックします。
ユーザー名:root  パスワード:空欄のまま(設定していない場合)

(4) [無線設定]ボタンをクリックします。
(5) [基本(11g)]を選択し、以下の情報を設定します。
(無線機能:使用する  エアーステーション・・・:チェック  無線チャネル:自動  ANY接続:許可する)

(6) [設定]ボタンをクリックします。
■上記方法で改善しない時は親機を初期化し最初から設定してください。
クライアントマネージャV(Windows 7 / Vista用)
クライアントマネージャ3(Windows XP / 2000用)
クライアントマネージャ(Windows Me/98/95/2000/XP/NT4.0用)

INDEXへ

ワイヤレスネットワーク接続で設定したが無線接続ができない

ワイヤレスネットワーク接続で設定したが無線接続ができない。
状態・現象 対処方法
ワイヤレスネットワーク接続で設定したが無線接続ができない 以下の方法を試してください。

■時たまネットワーク機器が不安定になることがあります。
ネットワーク機器、パソコンなどの電源を切り、再度電源を入れて様子を見てください。
POWER、DIAGランプの状態を確認してください。(上記ランプの状態を参照)

■通信状態に問題があることが考えられます。
電子レンジ、コードレス電話の使用の確認をしてください。又、親機と子機に距離がある場合は近づける、見通しのよい場所に移動する、向きをかえるなどを試みてください。

■ファイヤーウオール、インターネットセキュリティなどが有効になっていることが考えられます。
ファイヤーウオール、インターネットセキュリティなどが有効になっていると接続できないことが考えられます。無効にして設定をしてください。処理終了後は有効に戻してください。こちらです。

■ネットワークブリッジが作成されていることが考えられます。
削除してください。削除方法は以下の通りです。
【Win 7/Vista】
(1) アドミニストレータ権限のあるログイン名(Administrator等)でログインします。
(2) [スタート]-[コントロールパネル]をクリックします。
(3) [ネットワークの状態とタスクの表示]-[アダプター設定の変更](Vistaの場合は[ネットワーク接続の管理])を選択します。
(4) [ネットワークブリッジ]アイコンを右クリックし、[削除]を選択します。
(5) 「接続の削除の確認」画面にて、[はい]をクリックします。
(6)  削除が完了し[ネットワークブリッジ]アイコンが消えれば完了です。

 

【Win XP】
(1) アドミニストレータ権限のあるログイン名(Administrator等)でログインします。
(2) [スタート]-[コントロールパネル]をクリックします。
(3) [ネットワーク接続]をダブルクリックします。
(4) [ネットワークブリッジ]アイコンを右クリックし、[削除]を選択します。
(5) 削除が完了し[ネットワークブリッジ]アイコンが消えれば完了です。
■複数のネットワークアダプターが干渉していることが考えられます。
ネットワークアダプタが複数有効になっていると、不安定になります。ネットワークアダプターを無効にしてください。 「無効」にする方法
【Win 7/Vista】
(1) [スタート]-[コンピュータ]右クリック-[管理]を選択します。
(2) [デバイスマネージャ]-[ネットワークアダプタ]の「+」をクリックします。使用不可にするネットワークアダプタ名の接続アイコンを「右クリック」し、[無効]をクリックします。
(3) [このデバイスを無効にすると・・・]と表示されたら、[はい]をクリックします。
(4) 上記(2)で無効にした接続アイコンに、下向き↓のアイコンが表示されていれば、設定完了です。

 

【Win XP】
(1) [スタート]-[コントロールパネル]-([ネットワークとインターネット接続])-[ネットワーク接続]を選択します。
(2) 使用不可にするネットワークアダプタ名の接続アイコンを「右クリック」し、[無効にする]をクリックします。
(3) 上記(2)で無効にした接続アイコンが「無効」と表示されていれば、設定完了です。

 

■親機と子機の無線の暗号化キーがあっているか確認をしてください。
違っていると無線の接続はできません。

■ファームウエアが古かったり、正常にインストールされていないことが考えられます。
親機のファームウエアを最新版に入れ替えてください。
WHR-HP-Gのファームウエアダウンロードはこちら。 (Windows版/Mac版)

■ドライバーが古かったり、正常にインストールされていないことが考えられます。(BUFFALO製の子機の場合)
Air Station子機のドライバーを最新版に入れ替えてください。
子機のドライバーダウンロードはこちら。

■親機にMACアドレス接続制限が設定されていることが考えられます。
MACアドレス制限の無効化と設定方法はこちらです。

■親機にANY接続拒否の設定がなされていることが考えられます。
親機のANY接続を禁止しているときは、無線親機を自動検出できません。ANY接続拒否の設定を解除し、無線接続できるか確認しください。
基本ソフト単位に操作が違います。
Windwos7/Vista標準のワイヤレスネットワーク接続を使用しているの場合
WindwosXP標準のワイヤレスネットワーク接続を使用しての場合

■ファームウェアを最新版にすることで改善する事があります。
親機のファームウェアをバージョンアップはこちら。

INDEXへ

設定画面が表示されない

設定画面が表示されない場合は以下のことを試してください。
状態・現象 対処方法
設定画面が表示されない 以下の方法を試してください。

■時たま親機の動作が不安定になることがあります。
親機と子機の電源をOFFにして数分後親機と子機の順番で電源をONにしてください。
特にPOWER、DIAGランプの状態を確認してください。(上記ランプの状態を参照)

■無線の接続状況を確認します。
無線の接続を確認します。基本ソフトに応じて確認方法が違います。
クライアントマネージャVの場合
クライアントマネージャ3の場合
クライアントマネージャの場合
Windows 7/Vista標準のワイヤレスネットワーク接続の場合
Windows XP標準ワイヤレスネットワークの場合
イーサネットコンバータの場合

■ブラウザの設定を確認します。
(IE5.0~)
(1) [スタート]-[コントロールパネル]-[インターネットオプション]を開きます。
(2)  [接続]タブを選択し、「ダイヤルしない」にチェックを入れます。
(文字がグレーになっていれば、そのままで構いません)
(3) [LAN設定]をクリックします。
(4) 次の項目にチェックが入っていれば、チェックを外します。
・設定を自動的に検出する
・自動構成スクリプトを使用する
・LANにプロキシサーバーを使用する(プロキシサーバーを使用していない場合)
(5) [OK]をクリックし、画面を閉じます。
■クライアントマネージャ、インターネットセキュリティなどが有効になっていることが考えられます。
クライアントマネージャ、インターネットセキュリティなどが有効になっていると接続できないことが考えられます。無効にして設定をしてください。処理終了後は有効に戻してください。こちらです。

■パソコンのIPアドレスの設定を確認します。
基本ソフトにより確認方法が違います。
LAN側IPアドレスが192.168.11.1のルーターを使用している場合、次の値が表示されます。
IPアドレス       ・・・ 192.168.11.*
サブネットマスク     ・・・ 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ ・・・ 192.168.11.1
DNSサーバー      ・・・ 192.168.11.1
*には、「2」以降の値が入ります。
【Win 8】
(1) デスクトップ画面でカーソルを右上端に移動し、[設定]を選択します。
(2) [コントロールパネル]-[ネットワークと共有センター]-[アダプターの設定の変更]を選択します。
(3) LANアダプター、LANカード名が表示されている接続アイコン(ローカルエリア接続、または、ワイヤレスネットワーク接続)を右クリックし、[状態]をクリックします。
(4) [詳細]をクリックします。
(5) ネットワーク接続の詳細が表示されます。
・IPv4 アドレス
・IPv4 サブネットマスク"
・IPv4 デフォルトゲートウェイ"
・IPv4 DNSサーバー"の値を確認します。
(6) これで確認は終了です。

 

【Win 7/Vista】
(1) [スタート]-[コントロールパネル]-[ネットワークの状態とタスクの表示]-[アダプターの設定の変更]を選択します。(Vistaの場合は[ネットワーク接続の管理])
(2) LANアダプター・LANカード名が表示されている接続アイコン(ローカルエリア接続、または、ワイヤレスネットワーク接続)を右クリックし、[状態]をクリックします。
(3) [詳細]をクリックします。
(4) ネットワーク接続の詳細が表示されます。
・IPv4 アドレス
・IPv4 サブネットマスク"
・IPv4 デフォルトゲートウェイ"
・IPv4 DNSサーバー"の値を確認します。
(5) これで確認は終了です。

 

【Win XP】
(1) [スタート]-[コントロールパネル]-([ネットワークとインターネット接続])-[ネットワーク接続]を開きます。
(2) LANアダプター・LANカードのアイコンをダブルクリックします。
(3) [サポート]タブをクリックします。
(4) 「IPアドレス」「サブネットマスク」「デフォルトゲートウェイ」の値が表示されます。
(5) [詳細]ボタンをクリックすると「DNSサーバー」が表示されます。
(6) これで確認は終了です。
■以上で問題が解決しない場合は、親機を初期化し再設定してください。

INDEXへ

WHR-HP-Gの初期化

非常にカンタンに初期化できます。
RESETボタン:無線親機の電源を入れた状態で、DIAGランプが点灯するまで(約3秒間)ボタンを押し続けると、無線親機が初期化されます。 RESETボタンは本体の底部にあります。
初期化すると設定内容が工場出荷時に戻ります。注意してください。

初期化時の内容(工場出荷時の状態)

項 目 内 容
LAN側IPアドレス(サブネットマスク) 192.168.11.1(255.255.255.0)
DHCPサーバー機能 使用する
割り当てIPアドレス :192.168.11.2から64台
本体の管理ユーザー名/パスワード root / 設定なし

 

INDEXへ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

Amazon Mobile検索 送料無料(一部除)
キーワード:
PC検索 送料無料(一部除)



inserted by FC2 system